HOME>注目記事>投薬治療をはじめたら、生活習慣や食生活を見直すこと

投薬でAGA治療を行なう方法

AGA治療

男性脱毛症、通称AGA治療は、大阪などの大都市では専門のクリニックが登場し、高度な治療を受けることができるようになりました。一般的に、皮膚科でもAGA治療を受けることができますが、AGA専門クリニックの方が最新の治療を受けることができ、必要に応じた副次的な治療を受けることができると評判です。また、専門のクリニックでは投薬治療が基本となります。薄毛の原因は男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きにより、毛髪周期が乱れ、育毛を阻害したり脱毛を促進したりするなど弊害が生まれます。正しい投薬治療により髪の脱毛を阻止し、育毛を促進することが可能になります。

ストレスを溜め込まず食生活を改善する

笑顔の男性

育毛をする上で大切なことは、食生活を改善することです。薄毛というのは、遺伝的な要因が大きいと言われていますが、後天的な要因には食生活の乱れやストレスなどが影響し、頭皮の血行が悪化して薄毛が進行してしまうリスクが高まります。大阪の専門クリニックでは、育毛治療を行う場合には、薬の服用のみならず、食生活を改善したり、ストレスを溜めないような暮らしを工夫するなどのアドバイスがなされます。できることから実行していきたいものです。

発毛効果は3ヶ月から半年でわかる

AGA治療

投薬による育毛の効果が出始めるのは、個人差はあるものの3ヶ月から半年の時間を要するといいます。大阪の専門クリニックは、まずは薄毛の原因である男性ホルモンが酵素と結びつくのを阻害するための投薬治療を行なうため、その効果が現れるまでには時間がかかるのです。数ヶ月程度では効果が現れにくいですが、効果が現れないからといって勝手に薬の服用を中止したり、治療をやめてしまうことがないように、忍耐強く薬の服用を続ける必要があります。

広告募集中